読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最低ウォリーのラジカセ

書きたいことを書き殴ります。暴力です。 声変わりしてない人は帰ってください。 Twitter:@siteAworry

「背景」の発音・イントネーションは「拝啓」と同化されたのか?

f:id:siteAworry:20161202123250j:plain

京都の景色はとてもキレイ。京都で生まれ育った人とか羨ましすぎる。

来世は京都のイケメン女子にしてくださーい!鴨川沿い等間隔イチャイチャ現象に女子同士で混ざって座って、あら^〜っていう感じになりたーい!

 

さておき

 

背景をどう発音されるか。景色やback groundの背景である。

「台形」などのように直線で読むか、「拝啓」と同じく1個目にアクセントを持ってくるか、という話である。

ここでは台形発音と拝啓発音と仮に呼ばせてもらおう。

背景という言葉を小学校で教わった時とかは台形発音で教わったはずである。NHKの発音辞典にも台形発音で掲載されていた。

 

しかしなんでか、去年くらいから急に、突然に、完全に、拝啓発音に移行されたように感じるのだ。友達もニュースキャスターもみんな拝啓発音。しかも誰も疑問に思っていないようであった。気づいた時には、あまりの拝啓発音の蔓延り具合に俺は世界線飛んだのかタイムリープしたのかととても焦ったし、そもそも気持ちわりぃなと思っていた。

思っていたが。

好きな女性声優が拝啓発音使ってたので僕も拝啓発音することにしました。

吹けば飛んでくプライド。

 

 

代替のこと「だいたい」って読む人ほぼ死んだし、「だいがえ」はもはや正しいよって偉い人がいい始めたから、もういいんだろう。「独壇場」も元は「どくせんじょう」だし、こうやって日本語という言語は絶えず流動的に変化していくのだ。女子高生が淫夢語録使う時代だもの。細かい日本語気にしてると友達いなくなるよ君。何事も寛容的にね。灰皿くらい大きな器で生きてこう。

 

とはいえ

 

漢字の読み間違いが浸透するのはわかるんだけど。

背景をなぜ普段あまり使わない拝啓という言葉で発音する人が増えたのか、不思議でならない。みんなお金とかもらってやってるの?俺もらってないんだけど。

 

時代の変化に乗り遅れないようにしないといけません。次は人工知能とVR技術についての記事を書きます。(大嘘)

 

 


NHK 日本語発音アクセント新辞典