読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最低ウォリーのラジカセ

書きたいことを書き殴ります。暴力です。 声変わりしてない人は帰ってください。 Twitter:@siteAworry

10種類くらいやった短期バイトを振り返る

 

長期バイトに応募したことがある。5~6回くらい。見事に全て沈没。

これは社会が俺に「働かなくてもいいよ」と、遠回しに伝えてくれているのではないか。なんと光栄なことか。

 

しかし、晴れて社会公認のニートとなっても金は要る。

飽きっぽい性格の俺は結局誰でもウェルカムな短期バイトを渡り歩いていた。

 

1.結婚式場 (時給1300円とか)

 最初から全力で大声で挨拶の練習、拍手の練習、スプーンとか(シルバーと呼ぶ)皿の並べ方、飲み物の種類を覚えなど。空いた時間はひたすら時給より高いグラス磨き。

 とくに、笑顔が足りないと怒られる。作り笑顔がゲルニカ並みの俺には難関で、女子の先輩的な人に「結婚式の様子見てると自然と笑顔になりません?」と純粋無垢な顔で聞かれ、式の様子を観ながら結婚という制度はもう古いんじゃないかとか、俺結婚とか無理だろwウケるwとか考えて笑顔どころでなかった俺は「ほぇぇ」と答えるしかなかった。

 なんとなく新郎新婦に申し訳ないので、その1回で行くのをやめた。

 

2.宴会場(時給1100~1400くらい)

 偉そうなおっちゃんたちがデカめの会場でやる宴会のスタッフとして連行された。

 結婚式のように怒られるわけにはイカんと笑顔でやっていたつもりだったが宴会場ではそんなことはどうでもよかったらしく、動きが遅いということで怒られた。

 料理が重い以外とくに大変ということもなかった。

 

3.アイドルのイベント的な(時給950とかそんな)

 アイドルたちのイベントだかなんだかをお手伝い。

 運がいいとずっとアイドルのそばにいることになったりもする。神対応を目の当たりにして自分もファンになりそうになる反面、ファンとアイドルの間に見えない金の壁が思い浮かび複雑。(多分これは俺だけ)

 拘束時間長い以外では比較的楽なバイト。情報漏洩に厳しいので、SNSやブログに細かいこと書き込んではいけない。いけないよ。

 

4.家具運び(時給1000だった)

 引っ越しは嫌だが家具運ぶくらいなら大丈夫だろうと思っていたら普通に重くて大変でした。しかも社員の人が謎。初めてですって言ってるのに説明なしでいろいろ始める、それっぽくやるとキレるという。社員とバイト2人組でやるのにこれはなんという仕打ちか!

 

5.夜勤軽作業(時給1125くらい)

  夜勤でイベントの椅子並べをした。疲れた(小並)。

 すべての椅子の背もたれにテープを巻いて番号をつけていく作業があったのだが、これは黙々作業好きにはたまらなかった。最終的にバイトの中で一番作業が早い奴になった。

 

6.搬入(時給950くらい)

 アリーナなどのデカイ会場の搬入設営など。

 状況はさながら工事現場。スピード感がすごいので動きが遅いとキレられる。

 なんだかんだで段々やることがなくなり待機時間が長かったりする。瞬間的に大変だが楽といえば楽なのかも。

 

7.搬出(時給950くらい)

  搬入の逆。

 搬出の場合、搬入よりも終わりが明確なので気持ち的に楽。でもスピード感がすごいので動きが遅いとキレられる。待機時間はそんなに無い、というか予定早く終わる。

 

8.食べ物の祭典的な(時給950くらい)

 食べ物の祭典みたいなのでカツサンド?的なものを売る。行列になったが坦々と作業していたら終わった。帰りにトンカツくれた。

 

9.ピッキング(時給1000)

 アマゾン倉庫とかあんな感じ。あまぞんではなかったけど。商品がいっぱいあって、注文が入ってるものを回収する作業。ショッピングをしている気分でやってたらすんなりと終わった。 楽。ただ倉庫というのは大抵僻地にあり行くのがめんどい。

 あとピッキングはすぐに機械の仕事になるでしょう。

 

10.乳製品をあっちからこっちに(時給1000)

 流れてくる乳製品を重ねてあっちにのせる。

 これもさっさと機械の仕事にするべき。

 

後半になるにつれて文章が雑になっている。

まあ、どこかの誰かの参考になれば。